なんじゃもんじゃ
5月14日に明知町に、「なんじゃもんじゃ」の探索に出かけました。
まだまだ咲きはじめということで花があまり出ていないのが残念です。
「ヒトツバタゴ」と言います。5月ごろ、白い花が咲いて雪が積もっているように見え、景観はじつに見事です。ギリシャ語で「雪の花」という意味があるそうです。
「ナンジャモンジャ」・・・「あれは何者だ」からきているといわれています。この地方では、「なにものだ」というときの方言として、「なにもんじゃ」と言います。ここから来ているのかなぁ〜。
私の写真は、まだ花の咲き始めということで、満開の時期の雪が積もっている感じが写っていません。残念です。来年あたり再挑戦でしょうか?
もどる